お問い合わせ
WILD NAVI

WILD NAVIとはガイド&アドバイアザー旅のレポートWILD NAVIニュースツアー一覧トップページへ

インド・ヒマラヤ● 7/21発【終了】ライト・エクスペディション
ストックカンリ峰(6,153m)登頂16日間

インド・ヒマラヤ

Mt. Stok Kangri, INDIA

旅の概要

夏休みにヒマラヤの 6,000 m 峰に挑戦してみませんか。チベット文化が色濃く残るラダックエリアの名峰ストックカンリ(6,153 m)は、短いアプローチと登山期間、そして特に高度な登山技術を要することなくトライできる、人気の高いライト・エクスペディション・ピークです。一般に夏のヒマラヤはモンスーンの影響を受けると言われていますが、ラダック地方はヒマラヤ山脈の北部に位置するため、ほとんど雨が降らず夏が山旅のシーズン。ベースキャンプからC1を設営して、憧れのヒマラヤの 6,000 m 峰にアタックしましょう。

ツアー条件

ご旅行代金
2012年7/21(土)〜8/5(日)●¥595,000

(以下の費用が別途、事前のお支払いとなります)
  • 成田空港利用料◇@¥2,540
  • 各国諸税◇@¥5,500(概算・予定)
  • 燃油サーチャージ◇@¥32,500(4/1現在・予定)
  • 山岳保険◇@¥72,900〜(詳細はお問い合わせください)
  • ビザ代 ◇ 日程表下部にてご確認ください

最少催行人員

4名様

ご出発地

東京(成田空港)

食事条件

朝14回、昼8回、夕12回

ご利用予定航空会社

インド航空

ご利用予定ホテル

メトロポリタン、アショークカントリーリゾート(デリー)
カングラチェンなど(レー)
登山中はテント泊

エスコート・ガイド

日本からワイルドナビ登山リーダーが同行します

1人部屋利用追加料金

お問い合わせください(デリー、レーのみ)

日程表

DAY 1

成田 デリー

航空機にてデリーへ
着後、出迎えガイドと共に空港近くのホテルへ。泊

(食事:- - -)

DAY 2

デリー レー

朝:国内線にてラダックの旧都レーへ
着後、ホテルへ。泊

(食事:朝食 - 夕食)

DAY 3・4

レー滞在

高度順応のため、2日間レーに滞在
周辺の丘にて順応します

市内のホテル泊
(食事:2朝食 - 2夕食)

DAY 5

レー ストック

車にてキャラバンを開始するストック村(3,440m)まで移動します

着後、周辺を散策しましょう
簡易宿泊施設泊
(食事:朝食 - 夕食)

DAY 6

ストック モンカルモ

今日からキャラバン開始です
まずはトルタン峠を越えて川原のテント場、モンカルモ(4,520 m)へ

キャンプ(テント)泊
(食事:朝食 昼食 夕食)

DAY 7

モンカルモ /

今日は高度順応のため、モンカルモに滞在します
体調に合わせて周辺の丘にて順応を進めましょう

キャンプ(テント)泊
(食事:朝食 昼食 夕食)

DAY 8

モンカルモ B.C.

今日はストック川に沿って河原を進み、いよいよベースキャンプ(5,000m)に入ります

キャンプ(テント)泊
(食事:朝食 昼食 夕食)

DAY 9

B.C.C1B.C.

今日は順応と荷揚げを兼ねて氷河上の C1(5,400m)を往復します
C1設営後、BCに戻ります

キャンプ(テント)泊
(食事:朝食 昼食 夕食)

DAY 10

B.C. C1

今日はアタックのために C1へ入ります

キャンプ(テント)泊
(食事:朝食 昼食 夕食)

DAY 11

C1 頂上 B.C.

夜明け前に出発。頂上アタック

緩やかな斜面のガレ場をつめて、左側の稜線を目指します
やせた尾根を登り頂上を目指しましょう

登山活動終了後、C1に戻り撤収。後、BCに戻ります
キャンプ(テント)泊
(食事:朝食 昼食 夕食)

DAY 12

ベースキャンプ

BC 滞在(登山予備日)

キャンプ(テント)泊
(食事:朝食 昼食 夕食)

DAY 13

B.C. ストック村 レー

朝食後、下山開始
モンカルモを経て、一気にストック村まで下ります
登山活動の終了。出迎えの車でレーへ戻ります

市内のホテル泊
(食事:朝食 昼食 夕食)

DAY 14

レー デリー

国内線でデリーへ
着後、ガイドと共にホテルへ

市内のホテル泊
(食事:朝食 - -)

DAY 15

デリー

出発までフリータイム(ホテルの部屋は出発まで使えます)

出発の2時間前までにガイドと共に空港へ
夜:航空機にて帰国の途へ

機中泊
(食事:朝食 - -)

DAY 16

成田

午前:成田空港到着
(食事:- - -)

スタッフ構成、食糧、装備などについて

※ 日本から登山リーダーが同行します
※ 現地スタッフ(登山ガイド、キッチンスタッフなど)が同行します
※ C1への荷上げや、登山終了後の荷下げは各参加者で出きるかぎり行います
※ 登山中の共同装備、食料、燃料などはすべてご用意いたします
※ アタック時の2回の食事や嗜好品はご用意ください。

● 高山病について

高所登山において重要なのは、基礎体力と高度順応です。標高が4,000 m 近くになると多くの人に顕著な高山病の症状が現れてきます。頭痛、吐き気、めまい、食欲不振など、その症状は人により様々です。うまく高度順応するためには、登山リーダーの指示に従い適切な順応行動をすることが重要です。ラダックの玄関口のレーは標高約3,500 m の高所にあります。デリーから国内線にてレーに到着した時から適切な順応行動を意識しましょう。

過去のツアーレポート●

2006年7月のフォトレポート

お問い合わせ
  • このツアーについてのご質問および、お申込書、ご旅行約款、日程表、装備リストなどツアーの詳細については直接弊社までご連絡ください。資料などお送りいたします

必要な旅券(パスポート)と残存期間

  • ビザ(査証)申請時に6ケ月以上の残存が必要です

ビザ(査証)の取得

  • インドは観光ビザが必要です。
    弊社では実費、取得代行手数料込み@¥7,000 にて、ビザの代行取得をいたします

山岳保険

  • このツアーの参加者には、山岳保険のご加入をお願いしています。詳細は担当者までご確認下さい