お問い合わせ
WILD NAVI

WILD NAVIとはガイド&アドバイザー旅のレポートWILD NAVIニュースツアー一覧トップページへ

旅の報告49
マッターホルン登頂(2015年)
スタッフ・レポート

2015年の8月に、ワイルド・ナビゲーションの女性スタッフがマッターホルンに登頂した際のレポートです。今回はスイス人ガイドによるガイド登山ですが、前日に雪が積もった影響で少々手こずった末の登頂となったようです。

P1080326_s

2015年8月3日、念願のマッターホルン(4478m)の頂に立ちました。
麓のツェルマットの村からも見える、天に突き刺さるかのように鋭利なヘルンリ稜は、覚悟していた以上に急峻なものでした。

——————————
8月2日、登頂前日の午後、ツェルマットからロープウェーでシュヴァルツゼー(2,583m)へ。そこから2時間弱登って、標高3,260mのヘルンリヒュッテに着きました。
ヘルンリヒュッテは、マッターホルン・ヘルンリ稜の登山拠点となる山小屋です。
初登頂から150周年を記念して、今年7月1日にリニューアルオープンしたばかりです。

IMG_3515_s
P1120010_s

客室や各階のラウンジには真新しい木製の家具が。アルプスの山小屋なので、ベッドも勿論、一人分のスペースが確保されています。
全面ガラス張りのダイニングルームからは、明日登るヘルンリ稜を間近に見上げることができます。

P1110995_s
P1090299_s

夕食はビーフストロガノフ。スープとデザートも付いてコースになっていましたいました。町のレストランとそれほど違いはありません。明日は、これで頑張れる!

P1120023_s-270x203
P1120024_s

P1120026_s

さて、登頂当日の8月3日は04:00起床で朝食。その後、まだ暗いうちからヘッドランプを点け、小屋を出るときからガイドさんとロープを結んで出発です。
泊まっていた人が皆、一斉にスタートして、そのほとんどが登頂後はヒュッテにもう1泊することなく最終のロープウェーで下山するので、時間が限られています。暗闇の中で、およそ10時間に及ぶ持久力&スピード勝負のクライミングが始まります。
(残念ながら、暗い時の写真はありません。)

P1120054_s

ガイドさんが先行し、私が後に続きます。大きな動きで遠くを掴んで登るのではなく、近いところに手がかりや足の置き場を求めて登るようにと指示を受けました。
手がかりがほとんどない垂壁には頑丈なフィックスロープが設置されています。直径5㎝ほどもあり、ロープというよりしめ縄のようです。疲れてくると握りにくい太さなのですが、必死で掴んで這い上がります。

P1120064_s

振り返ると、登ってきた稜線がはるか谷底へと続いていて、ヘルンリ小屋やシュバルツゼーのロープウェー駅までが見下ろせます。すぐ足元に見下ろせることで、いかに傾斜がキツイかがわかります。
ヘルンリ入山前日の8月1日に雪が降ったので、3,400mあたりから岩のくぼみには雪が溜まっており、ソルベイ避難小屋がある4,000mから上ではアイゼンを着けました。足を乗せると、さらさらと崩れて踏ん張りがきかない新雪に手こずりました。

IMG_3522_s

「あと何百mあるのだろう?」と不安になった頃、金属製のマリア像が見えて、頂上に着きました。急傾斜に加えて新雪に苦労しただけに感慨もひとしお。ガイドさんとハグして喜びを分かち合いました。

P1120083_s

マッターホルンの頂上は、私が踏んだ4,478mの他、数十m先にイタリア側ピークがあります。本当はそちらも踏みたかったのですが、そこに行くまでの雪の状態が悪いことと、下山時の雪質も心配なことから、諦めざるを得ませんでした。ガイドさんも「今いるところが最高地点だから。」と言ってくれました。
案の定、下る頃には雪が融けてきてシャーベット状になり、これはこれで悪い状態でした。これまで体験した中では積雪期の富士山9合目のような、後ろ向きクライムダウンではなく前を向いて下りられる、ギリギリの斜度に感じられました。

P1120093_s

頂上直下は、下ろうとする人と登ってくる人が急傾斜の中ですれ違い、大変な混雑です。

P1120098_s

P1120103_s

下りはさらに傾斜を感じました。下りの方が事故が多い、というのも頷けます。
力を振り絞って下っても、ヘルンリ小屋の遠いこと遠いこと!

P1120100_s

ツェルマットの村も見えてきました。最後はロープウェーとはいえ、あそこまで今日中に下るのかと思うと気が遠くなりそうです。

P1120114_s

もう少しでヘルンリ小屋というところで振り返ると、今朝、真っ暗な中で登った壁が立ちはだかっていました。「私、エライ!」思わず自分を褒めたくなりました。

今回のガイドさんは、マッターホルンには100回くらいは登っているそうです。登り、下りとも私が「こっちかな」と思う方へ適当に歩いていると、随所で「そこはもっと左へ」「右寄りではなく真下に下って!」と的確な指示をくれました。本当に、そちらに歩いていかないとフィックスロープや支点に辿り着けず、コースから外れてしまうところでした。
また、装備についての指示も見事なもので、気温や天候の変化を予測しながらも軽量化を図るために、必要かつ最低限のものでした。

国内では山岳会の仲間と登っている私ですが、ヨーロッパ・アルプスのような大きな山では、その山を知り尽くしたガイドさんと登ることの大切さを実感しました。

P1120118_s

マッターホルン登頂/個人手配

ワイルド・ナビゲーションでは、日本人ガイドによるマッターホルン登頂の個人手配をしております。
ご興味のある方は、担当までご相談ください。プランニング、お見積もりなどいたします。


こんなツアーもお好きかも

ヨーロッパ・アルプスの旅

山の旅

登頂

お問い合わせ フォーム お問い合わせ フリーコール
メール登録

社長・宮田の Twitter
海外旅行保険Trip-i
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険

リンク
プライバシー・ポリシー
保険代理店勧誘方針
推奨販売方針
保険勧誘方針