お問い合わせ
WILD NAVI

WILD NAVIとはガイド&アドバイザー旅のレポートWILD NAVIニュースツアー一覧トップページへ

USAアラスカ(個人旅行手配)● 11〜3月発
北極圏コールドフット滞在ドライブ&フライ
オーロラ観賞6日間

USA アラスカ

Arctic Circle & Coldfoot
USA ALASKA

旅の概要

冬の北極圏アラスカを楽しんでいただくプランです。まずはフェアバンクスから約400km 北に位置する北極圏のコールドフットへ、冬のダルトン・ハイウェイを車でドライブ。オーロラ観賞の条件も良い、見渡す限りのツンドラの中の村での2泊です。天気が良ければ滞在中、さらに北上してブルックス山脈のアティガンパスもオプションで訪ねましょう。
旅の最後は、冬の北極圏の遊覧飛行を楽しみながら小型機でフェアバンクスに戻ります。

ツアー条件

2017年 10/1〜 2018年 3/31 の毎週 木曜・土曜 出発(設定日)

 料金は日程表に続く一覧表をご参照ください

最少催行人員

2名様  *1名様でのご参加につきましてはお問合せください

ご出発地

東京(成田空港)
 * その他の出発地も手配可能ですので、お問い合わせください

食事条件

朝0回、昼0回、夕0回

ご利用予定航空会社

デルタ航空、アラスカ航空、ワービロウエアーなど

ご利用予定ホテル

シャンダラー・ログロッジ(フェアバンクス近郊)
コールドフット・キャンプ(コールドフット)

添乗員

同行いたしません/現地スタッフ(英語)がご案内します。
 * 現地にてお困りの時は、お電話にて日本人がサポートします

写真

冬のダルトンハイウェイ ● Photo by Masa Ando

コールドフット

シャンダラー・ログロッジ

シャンダラー・ログロッジとオーロラ

日程表

DAY 1

成田 シアトル (アンカレッジ) フェアバンクス フェアバンクス近郊 /

午後:航空機にて成田空港発

航空機にてシアトルなど経由地へ
航空機を乗り継ぎアラスカのフェアバンクスへ

着後、送迎車で郊外のシャンダラー・ログロッジへ
着後、防寒具を合わせます

夜はオーロラの出現にも期待しましょう
郊外のロッジ泊
(食事:- - -)

DAY 2

フェアバンクス近郊 フェアバンクス コールドフット /

朝:送迎車でフェアバンクスへ

フェアバンクスにて極地仕様の車に乗り換えます
冬のダルトン・ハイウェイのドライブを楽しみながら、北極圏を越えてコールドフットへ

夜はオーロラの出現を待ちましょう
モーテル泊
(食事:- - -)

DAY 3

コールドフット /

終日:コールドフット滞在

天候により、オプション(別料金)でダルトン・ハイウェイをさらに北上して、ブルックス山脈のアティガンパスを訪ねることも可能です
アラスカ北極圏の雄大な景色をお楽しみください

夜はオーロラの出現を待ちましょう
モーテル泊
(食事:- - -)

DAY 4

コールドフット フェアバンクス

午前中、フリー

午後:小型機にてフェアバンクスへ
冬の北極圏の遊覧飛行をお楽しみください

夕刻:フェアバンクス到着(予定)
着後、ホテルのシャトルなどで市内のホテルへ

夜:休憩の後、ホテルの送迎車で空港まで移動ください
(食事:- - -)

DAY 5

フェアバンクス シアトル

深夜:航空機にてシアトルへ
航空機を乗継ぎ一路、帰国の途へ

機中泊
(食事:- - -)

DAY 6

成田

午後:成田空港到着

(食事:- - -)

ご旅行代金一覧表 ● 2017年 10/1〜 2018年 3/31 の毎週 木・土曜 発

10/1〜10/31 発
11/1~11/18 発
11/19〜11/22 発
11/23 発
11/24~11/25 発
11/26~11/30 発
12/1~12/19 発
12/20~12/22 発
12/23~12/24 発
12/25~12/29 発
12/30 発
12/31~1/8 発
1/9~1/31 発
2/1~2/14 発
2/15~2/28 発
3/1~3/31 発

●¥238,000 *特定日あり
●¥243,000 *特定日あり
●¥255,000
●¥265,000
●¥258,000
●¥245,000
●¥248,000
●¥259,000
●¥293,000
●¥315,000
●¥355,000
●¥283,000
●¥245,000
●¥249,000 *特定日あり
●¥269,000
●¥273,000 *特定日あり

*土曜日の出発は+¥10,000となります

(以下の費用が別途、事前のお支払いとなります)
  • 成田空港利用料 @¥2,610
  • 出国税・空港税 @¥7,900(概算)
  • 燃油サーチャージ @¥14,000(12/1〜・目安)
  • 上記にご案内の料金はデルタ航空+アラスカ航空利用で、安い条件でお席が確保できた場合の料金です。航空機の予約が混雑している日は追加料金がかかる場合がありますのでご注意ください
    空席状況や追加料金の詳細は弊社担当までメール等にてお気軽にお問合せください
  • 日本出発が土曜日・日曜日・月曜日、帰国が金曜日・土曜日になる場合はそれぞれ(片道につき)+10,000の追加となります
  • 10/5、10/29、2/7、3/21発は特定日にあたるため+¥10,000となります
  • 延泊などにより、現地発が10/9、11/2、2/11になる場合(日本着翌日)は ¥10,000の追加料金がかかります
  • 延泊などにより、現地発が1/2、1/7になる場合(日本着翌日・12/29、1/3日本発は除く)は ¥40,000の追加料金がかかります
  • フェアバンクス郊外のロッジなどで延泊も可能です。ご希望の際はお問い合わせください
  • 1名様でのご参加を希望される場合はお問合せください
  • コールドフット滞在2泊3日部分につきましては、現地主催会社のツアーにご参加の形となり、別途キャンセル規定が適用されますのでご注意ください。キャンセル規定の詳細は、担当までお問合せください

シャンダラー・ログロッジとオーロラ

その他の情報

コールドフット● Coldfoot

夏の人口は数十名、冬の人口は十数名といわれるこの北極圏ツンドラのど真ん中にある町は、今から100年ほど前にはゴールドラッシュで栄えた町です。

現在は北極海沿岸のプルドーベイとフェアバンクスを結ぶダルトン・ハイウェイの中継点として重要な町で、ホテル、郵便局、ガソリンスタンド、レストランがある「世界最北のトラックストップ」、「世界最北のドライブインがある町」などとして有名です

オーロラ帯の中に位置しており、どこまでもフラットな周囲の景色と合わせて、オーロラ観賞には良い条件の場所ですが、場所柄訪れる人が少ない穴場です。オーロラ観賞もお勧めですが、何よりも広大な冬のアラスカの大自然を実感できる場所としてお勧めです

ツアー中の服装●

防寒具(ジャケット、パンツ、ブーツ)のレンタル(フェアバンクス受け渡し)は旅行代金に含まれております。不要の場合は担当者までお知らせください

冬のフェアバンクス周辺の最低気温は − 20 〜 − 40 ℃が予想されますので、服装にはご注意ください。なお、ロッジやホテルの中は暖房が利いております

ワイルドナビの冬のアラスカ・オーロラの旅●

アラスカツアーのエキスパート、ワイルド・ナビゲーションは、長年にわたり天体観測のツアーや旅行に携わってきた天文&オーロラのエキスパートでもあり、天文ファンのスタッフもいます。

そんな天文&オーロラ好きの視点でお勧めするアラスカのオーロラ観賞。やはり、一晩中、オーロラの出現を待つことができるロッジをお勧めします。北側の空が開けているロッジならロケーションはベスト。あとは好天とオーロラの出現を祈りましょう。

現地アラスカでは、アンカレッジ在住の「アラスカの達人」安藤正康さんを代表格に、ワイルドナビのアラスカ・ネットワークが皆さまのアラスカ旅行をサポート。
現地で困ったことがあったら日本語でサポートいたします。

お問い合わせ
お問い合わせ フリーコール お問い合わせ フォーム

    必要な旅券(パスポート)と残存期間

    • 入国時90日以上の残存がある政府発行のIC旅券、または顔写真がデジタル写真の機械読み取り式旅券

    ESTAの申請

    • 2009年1月12日より、アメリカへの入国(乗り継ぎ)に際して事前に ESTA(電子渡航認証システム)への登録が必要になりました。そのため、この旅行に参加いただく場合は、遅くとも旅行開始の72時間前までに、米国のESTA(電子渡航認証システム)に従い認証を受けて渡航認証番号を取得してください。

      1)ESTAの認証は、お客様ご自身で以下のホームページから申請してください。

      ESTA の申請サイトはこちらまで
      * 日本語サイトは右上のプルダウンメニューにて選択可

      2)ESTAの認証手続は、弊社にて申請の代行をすることができます。
        その際はESTA申請料 $14(日本円換算)、手続代行手数料@¥2,160、
        および必要な個人データをいただく必要があります。
        ご希望のお客様は担当者までお問い合わせください。

      なお、渡航認証を受けていないとアメリカへの入国はできません(国際線に搭乗できません)。
      また、認証を拒否された方は米国大使館等から査証(ビザ)を取得する必要があります。

      その他、詳細は担当者までお問い合わせください

  • このツアーについてのご質問、およびお申込書、ご旅行約款、日程表、持ち物リストなどツアーの詳細についてはお気軽に担当までご連絡ください。資料などお送りいたします。

お問い合わせ フォーム お問い合わせ フリーコール
メール登録

社長・宮田の Twitter
海外旅行保険Trip-i
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険

リンク
プライバシー・ポリシー
保険代理店勧誘方針
推奨販売方針
保険勧誘方針