お問い合わせ
WILD NAVI

WILD NAVIとはガイド&アドバイザー旅のレポートWILD NAVIニュースツアー一覧トップページへ

Column 12
安藤正康さんのアラスカの話 1/カトマイ公園のベア・ウォッチング

カトマイ公園のクマの季節は7月と9月です。カトマイ公園のブルックス・キャンプでクマが目撃され始めるのは 5月終わり頃からですが、数が少ないので何日も滞在しないと見れないことも多く、6月も同じような状態のようです。

ブルックス滝を中心にクマが密集し、ブルックス・キャンプ周辺で頻繁にクマを目撃できるようになるのは、6月後半から8月初旬までです。この期間は通常ブルックス滝の周辺には数十頭のクマが一度に見れることも良くあります。これはナクネク川を遡上するシャケがブルックス滝に集まる7月中旬をピークにしている影響で、8月に入るとナクネク川をさらに遡上するシャケとともにクマは上流に行ってしまいます。8月の上旬であれば、滝周辺にクマが数頭残っている場合もありますし、それらのクマのいる所までボートをチャーターして(別料金)行くことも水量により可能ですが、さらに上流へ行ってしまう8月中旬以降のカトマイ公園はベアウォッチングのシーズンではありません。

上流に遡上したシャケは産卵後死んでしまうので、クマはまた川の下流に戻ってきます。その時期は毎年多少違いますが、クマがナクネク川下流のナクネク湖畔に戻ってくるのは8月終わり頃から9月にかけてで、9月も遅い方がクマの数も多くなると言うことです。ただし、カトマイ公園へのツアーは毎年 9/15前後で終わりになります(2011年は 9/18まででした)。
(アラスカの達人/安藤 正康)

ワイルド・ナビゲーションはアラスカの旅行のエキスパートです

☆「カトマイ国立公園滞在 ベアー・ウォチング7日間」はこちら→

☆ 最新のアラスカツアーの詳細はこちら→

こんなツアーもお好きかも

アラスカ観光プラン

お問い合わせ フォーム お問い合わせ フリーコール
メール登録

社長・宮田の Twitter
海外旅行保険Trip-i
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険

リンク
プライバシー・ポリシー
保険代理店勧誘方針
推奨販売方針
保険勧誘方針