お問い合わせ
WILD NAVI

WILD NAVIとはガイド&アドバイザー旅のレポートWILD NAVIニュースツアー一覧トップページへ

旅の報告(2015年1月)
ニュージーランド・ルートバーントラック

2015年の1月(1/5発)に、ニュージーランドのミルフォードトラック、およびルートバーンのトレッキング(ガイドウォーク)、さらにマウントクックのハイキングへと女性2名で出かけたお客様から、写真と感想をいただいたのでご紹介させていただきます。

423

ルートバーン・トラック
「Routeburn Track」(2015年1月)

——————————
1日目
テ・アナウ~(バス移動~)ディバイド~マッケンジーロッジ(13 km)

ミルフォード・トラックから連続してルートバーン・トラックを歩く私たち。
前夜はテ・アナウのホテルに滞在していたので、ルートバーン・トラックのトレッキング初日は、「キウイ・カントリー」(お土産屋さん)でクイーンズタウンからバスで来たメンバーと合流
モーニングティーの後、簡単な自己紹介をして登山口の「ディバイド」へとバス移動です。

「ルートバン・トラック」参加者は25名。その内、日本人は福岡の山岳会7名と私達2人の9名でした。
そしてガイドは3名の女性で、内1名が日本人でした。
「ディバイド」でランチのサンドイッチと行動食をいただき出発です。

310

雨に洗われた森は、瑞々しく緑が鮮やかです。

a1

ザックをデポして「キーサミット919m」へ
緩い九十九折を登って行くと、ガスの晴れ間に尖がったお山が見えた。
「マッターホルン」みたい~って、ここはNZ

322

「キーサミット」はリビングストン山脈の最北端に位置する高層湿原大地、周囲の山と谷を360度見渡せる展望地。
山頂は霧をまとい、山座同定は出来ませんでしたが素晴らしい眺めでした。

a3

「ハンデン小屋」へ下り「ハンデン湖」の畔でランチ
ミルフォードトラックとはまた違った趣
ちなみに枝沢から出てる水は、飲料OK です。

a4

木道を歩いて湿原を渡り、樹林帯の中を歩き、落差80m「アーランド滝」へ
ここはコースの中で最も降水量が多い場所。滝周辺が洪水になることもあり、その時は迂回路を歩くそうです。
昨夜の雨で、水量が増し飛沫が凄い。立ち止まると濡れ鼠になる勢いでした。

362

「ホリフォード谷」対岸の「ダーラン山脈」です。

364

右側は急斜面、左側はブナ原生林。「オーチャード」までは平坦な道が続く

マッケンジー小屋に着き、部屋に荷物を置いて「マッケンジー湖」へお散歩
湖では泳ぐことができ、風が無ければ「逆さエミリーピーク」が映るそうです。

386

小屋に戻るとシャワーに洗濯
ミルフォード・トラックの経験があるので手馴れたものです。

そしてお決まりのビール
ちなみに「ミルフォード」「ルートバン」共、小屋に着いた後、食事の前までに出る「おつまみ」は無料です。 

a7

今日のディナーはチキンをチョイス。
しかし、野菜はインゲン攻めでした。

a8

——————————
2日目
ハリスサドル~コニカルヒル~フォールズ小屋(15 km)

昼食のピタパン・サンドイッチを作りながら朝食。
トースト、シリアル、ヨーグルト、フルーツなどなど

a9

身支度したら「マッケンジー湖」へ行き集合写真を撮る。
今日もよい天気!

385

湖の西南端から高度差 600 m を登る。

419_2

登り切るとこんな景色

423

そして「オーシャンピークコーナー」へ

426

「ハリス・サドル」までは平坦な山腹沿いの道、霧が晴れていれば「ホリフォード谷」を隔てて「ダーラン山脈」を見ながらの山岳展望トレッキングなのですが、雲海の中で展望無し。
でも、沢山の花を見ながらのトレッキングは暑すぎず、日焼けが少し抑えられたかな

433

あの丘を超えれば「ハリス・サドル」

441

ランチを食べたらザックをデポして、ルートバン・トラック隋一の展望の「コニカルヒル」へ。
標高は 1,515 m
このルートは急登だけど、日本の山によくある感じ。日本の山屋には普通って感じですね

ひと登りすると「ハリス湖」を見下ろす「ルックポイント」
もうひと登りで丘の上。山頂でなく丘です。
そして、そこには叫びたくなる絶景がありました。

a13

 

雲海に浮かぶ「ダーラン山脈」!

002

絶景を堪能したら、ハリスサドルの小屋まで下ってオレンジジュースでアミノ酸を流し込み、ザックを背負って出発
「ハリス湖」をぐるっと回り込みます。

高層湿原地帯へ下って行く途中「マウントクックリリー」が咲いていました。
ほとんどは花が終わって実をつけていました。
葉は「ツワブキ」に似てますが切れ目が無く、カップのような形状です。

471

今宵の山小屋、ルートバーン・フォールズ小屋は、滝の直ぐ側にあります。

いつものように、シャワー、洗濯を済ませてビール
夕食はラム肉をチョイス。

a9

そして、デザートは名物のパンケーキ。ただし簡単にはいただけない。
パンケーキを、お皿でキャッチしなきゃならないのです
皆、お皿を持ってガイドが投げるパンケーキをキャッチしました。

以前は、受け損なったパンケーキは少し焼いて食べていたそうですが、今は食べる用と投げる用のパンケーキが用意されていて、落ちたパンケーキは食べません。

——————————
3日目
ルートバンフラット小屋~フォージーフラット~ルートバンエンド(10 km)

今日の出発は 09:30 とゆっくり。
たっぷり時間があるので朝の散歩に出た。
辺りは霧が深くしっとり、水の流れだけが響いていた。

492

いつものように昼食用サンドイッチを作り、コーヒー飲んで、焼きたてのクロワッサンとスクランブルエッグの朝食。

結構な距離を歩いてきたので、脚の張りはあるけれで、今日で終わると思うと、とても寂しい。
樹林帯の緩やかな下りを歩き振り返ると、木々の間から見える小屋がとてもステキに見えた。 

500

「ルートバーン・トラック」は多くのハイカーとすれ違った。
「Hi!」「Hello!」と、声をかけると「Hi!」「Hello!」「How are You」と返ってくる。
道を譲ると「Thank you」。譲られて「Thank You」と言うと「You’re welcome!」
外国に来てるんだ~って、しみじみ

川原にてランチ
冷たくて綺麗な川に、ガイドの Tintin とJo が飛び込んだ。
恒例らしいが、風邪ひかないようにね。

515

野鳥観察ができる森林探索コースを歩いて、ニュージーランド固有種である「イエローヘッド」を探すが見つからず。
橋を渡って「ルートバン・ロードエンド」へ到着
お疲れ様~。
みんな元気にゴールイン!

a24

バスに乗って、ガイドの Tintinの出身地「グレノーキー」へ
「フレンチフライ」が振舞われ、ここで完歩証の授与式
そして、バスに乗り込み、一路クイーンズタウンへと帰ります。

異国の方と一緒に歩き、ご飯を食べたトレッキングの日々は、楽しかった。
終わってしまうなんて寂しいよ~
クイーンズタウン到着後、ハグしてさよならしました。
また何処かで会いましょう

ホテルへチェックインして街へ出る。
ガイドさんに聞いた「Fishubone」という店でブルーコットという魚の「フィッシュ&チップス」で夕食。
これまたボリュームがあり、二人ででひと皿で充分でした。

dsc_0518

☆ミルフォードトラック・その1(2015年1月)・旅の報告

 ニュージーランド・ミルフォードトラック01へ→

☆ミルフォードトラック・その2(2015年1月)・旅の報告

 ニュージーランド・ミルフォードトラック02へ→

☆マウントクック周辺ハイキング(2015年1月)・旅の報告

 ニュージーランド・マウントクック周辺ハイキングへ→

————-

ニュージーランド(個人旅行手配)11〜4月発
〇 ルートバーン・トラック・トレッキング7日間

 ツアーの詳細はこちら→


こんなツアーもお好きかも

トレッキング

ニュージーランドの旅

山の旅

更新情報

インドネシアで現代アートを体感!● 10/17発
AIT ART TOUR 2019 vol.2/「ビエンナーレ・ジョグジャ」を中心にジャカルタとジョグジャカルタを巡る7日間→

2019.08.09

ニュージーランド● 11/13発
NZにおける幼児教育2019
「森のようちえん」カンファレンス参加&教育施設視察の旅8日間→

2019.06.24

カナダ● 8/31発
バンクーバー島西海岸・カユーケットサウンド
シーカヤック・キャンプ・ツーリング9日間→

2019.05.08

モンゴル ● 7/3、8/11、9/1発
モンゴル「星空」ゲル・キャンプツアー7日間→

2019.05.06

モンゴル ● 8/3、9/21発
モンゴル「星空」ゲル・キャンプツアー5日間→

2019.05.06

スイス・アルプス山小屋ハイキング(個人旅行手配)● 6〜9月発
(サンモリッツ)コアーズ小屋ハイキング8日間→

2019.05.04

スイス・アルプス山小屋ハイキング(個人旅行手配)● 6〜9月発
(ツェルマット)シェーンビール小屋ハイキング8日間→

2019.05.01

スイス・アルプス山小屋ハイキング(個人旅行手配)● 6〜9月発
(グリンデルワルト)ファウルホルン小屋ハイキング8日間→

2019.04.30

トンガ・ババウ島● 9/1発
ザトウクジラと泳ごう/ホエールスイミング8日間→

2019.04.28

佐藤大史さんと秋のアラスカを旅する● 9/19発
キーナイ半島/イグジット氷河ハイキングと氷河クルーズ7日間→

2019.04.25

すべての更新情報→ 

お問い合わせ フォーム お問い合わせ フリーコール
メール登録

社長・宮田の Twitter
海外旅行保険Trip-i
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険

リンク
プライバシー・ポリシー
保険代理店勧誘方針
推奨販売方針
保険勧誘方針