お問い合わせ
WILD NAVI

WILD NAVIとはガイド&アドバイザー旅のレポートWILD NAVIニュースツアー一覧トップページへ

旅の報告(2019年1月)
ニュージーランド・ミルフォードトラック・トレッキング

2019年の1月(1/14発)に、男性1名(40代)でニュージーランド・ミルフォードトラックに出かけたお客さまからレポートをいただきました。今後の参加者の皆様への参考になると思いますので、ご紹介させていただきます。

1/14~22日の9日間で、ニュージーランドへと行って来ました!
目的は世界遺産の地域での「世界一の散歩道」とも称されるトレッカー憧れのミルフォードトラック53kmのガイドツアー。規制により、一日50名(ガイドツアー)+40名(個人ウォーク)しかトレイルには入れないので、予約がなかなか取れない場所です。
高校生時代に山を始めた時に雑誌で知って以来30年来の夢でしたが、本当にたまたま空いていた枠とスケジュールの調整が取れたので参加が叶いました。

ガイドツアーは豪華な山小屋泊(3食付きで夜はコース料理)で3泊4日かけて53km歩いたあと、ミルフォードサウンドと呼ばれる有名なフィヨルド渓谷をクルーズして終わるというもので、世界中から参加者が来ていました。今回のガイドウォークの参加47名中、日本人は私を入れて二人だけ。日本語ガイドの同行もなく、英語力が中学生以下の自分には、その前後の移動や宿、行程の説明、参加者同士のコミュニケーションなど、ハードルがめちゃ高かったですが… まぁ皆さん良い人が多くて何とかなりました。

参考までに、出発前日のクイーンズタウンでの説明会では、もう一人の日本人の方と一緒に日本人スタッフから、日本人だけでの説明がありました。

初めての南半球で、南十字星、苔むす原生林、そのまま飲める美しい川、無数の落差数百mの滝、素晴らしい山岳風景、美しい街並み等をたっぷり満喫できました。
歳をとってから、もう一度訪れてみたい素晴らしい場所でした。

今回の旅を通じて気がついた事など、要点を簡単にまとめてみます。ご参考になれば幸いです。

◇虫(サンドフライ)対策
・虫よけ:現地でブッシュマンという「DEET20%配合+日焼け止め」を購入しましたが、肌の刺激も少なく良く効きました。
・虫刺され薬:日本からムヒアルファEXを持参しましたが良く効きました。
・少しでも塗り漏れがあると的確に狙ってくるので、こまめに塗る必要あります。
・ロッジ内のロビー等で無防備にしている時に一番刺されるので、ロッジ内での服装(寝間着)は長袖長ズボンが推奨です。

◇山小屋(ロッジ)での滞在について
・レンタルシーツが結構重たかったです。私は、日本のアウトドア用品店で購入したトラベルシーツを持参して重宝しました。
・ロッジでは毎日洗濯できます。ただし、使用する石鹸で手先の皮がボロボロに剥けたので、洗剤荒れする人は日本から持参をお勧めします。
・ロッジの食事は本当に美味しいです。軽食やおやつなども用意されるので、食料品は持っていく必要はないと思います。

◇装備について
・現地は真夏ですが、(今回の場合)最高気温22℃/最低気温5℃と幅があったので、フリース or薄手ダウンは必要です。欧米の方々は半袖短パンも多いですが、私は、速乾Tシャツ+ウィンドブレーカー+長ズボン(もしくは短パンとタイツ)の組み合わせが快適でした。
・トレッキングシューズのハイカットが推奨されていますが、ミルフォードトラックは7割が平坦です。マッキノン峠越えの10㎞ 弱だけが山道ですが、よく整備されているので、ハイカットの靴はあまり必要がない印象でした。なお、今回は最終日が土砂降りで膝上まで水があったりしたので、防水も全く意味がない状態でした。
私はトレイルランニング・シューズで行きましたが、平地が歩きやすいのと、軽くて濡れてもすぐ乾燥するのでお勧めします。
・雨具はある程度良いものをお勧めします。濡れるとかなり寒いです。
・水については、基本的にどこの水でも飲めますが、雨が降ると濁るので1リットル程度を持っていけるように水筒を持っていくのが良いと思います。
・ルート上で2ヶ所程度、ガイドが暖かい飲み物用意してくれるので、魔法瓶は要らないかと思います

◇その他
・毎晩、山小屋で翌日の説明が行われますが、日本語ガイドがいなくても日本語版の説明書が渡されるので何とかなります。
・1点、情報として漏れていたのが最終日のサンドフライポイントの件でした。到着したらボートに乗るために順番にホワイトボードに名前書く必要あることです。私は気がつかなかったので、結局1時間近く待たされることになってしまいました。

(WN*注)上記は個人の方の感想です。出かける時の気候、それぞれの山歩きの経験などにも左右されるので、参考にされながら、ご自身に合ったウエアや装備の準備をされてください。


(ロッジ*日本の山小屋のイメージとはほど遠い)


(ロッジでの食事)

(WN*注)今回は、12/20にお問合せをいただき、年末年始をはさんで急ぎの手配となりました。ガイドウォークにたまたま空席があったのでご参加いただく事ができました。

昨今、ミルフォードトラックのガイドウォークは定員に達するタイミングが非常に早くなっていますので、本来はお早めの計画が必須です。

————-

ニュージーランド(個人旅行手配)11〜4月発
〇 ミルフォード・トラック・トレッキング9日間

 ツアーの詳細はこちら→


こんなツアーもお好きかも

トレッキング

ニュージーランドの旅

山の旅

お問い合わせ フォーム お問い合わせ フリーコール
メール登録

社長・宮田の Twitter
海外旅行保険Trip-i
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険

リンク
プライバシー・ポリシー
保険代理店勧誘方針
推奨販売方針
保険勧誘方針