お問い合わせ
WILD NAVI

WILD NAVIとはガイド&アドバイザー旅のレポートWILD NAVIニュースツアー一覧トップページへ

旅の報告(2018年1月)北海道/天狗平&白滝高原
犬ぞり満喫ウインター・サファリ
スタッフ・レポート

ワイルドナビがお届けする、冬の恒例犬ぞりツアー。
戌年の幕開けから間もない、2018年1月のツアーに同行したスタッフのレポートをお送りします。

旅のガイドは、北海道に移り住み30年以上、アウトライダーの村林秀尚さん。そして舞台は、紋別郡は遠軽町の白滝高原です。

旭川空港から一路、大雪山の姿を眺めながらオホーツクの大地を車で走ること約一時間半、「ワイルドヘブン」が見えてきます。母屋は、廃校後クラウドファンディングによって見事に甦った小学校。木造校舎の趣がそのまま残る教室が、カヌー職人でもある村林さんのアトリエとなっています。
校舎内には、お手洗いと防寒着が揃う備品室も。この部屋に小部屋やお湯が出る水道もあるので、着替え、洗顔や歯磨きも済ませられます。

車窓から、旅への期待が膨らみます

村林さんが製作中の作品も、ここに

私たちの宿泊場所は、別棟になっているゲルの中です。
この時期、遠軽町の気温は約氷点下15度。この寒さから私たちを守ってくれるお宿は、村林さん自作の折りたたみ式稼働可能なゲル。モンゴルの遊牧民の移動式テントをお手本に、北海道の厳冬期キャンプ仕様となっています。
中には薪ストーブも設置されていて、半袖でも良いくらい暖かさは充分。就寝時は寝袋も借りられるので安心です。

ストーブや灯りの使い方など、ゲルでの快適な過ごし方について、村林さんに色々聞いてみましょう。

断熱防寒が徹底されたゲルは、二重構造になっています。デザインが施されたドアにもご注目

ゲルの中はひろびろ、ぽかぽか!

ここからどんな香りがしてくるのでしょう?

アウトライダーの犬ぞりは、到着したその日から最後の日まで、毎日堪能出来るのが魅力。マッシャー(犬ぞりつかい)として、犬ぞりを自分で操縦、約16kmの道のりを、2時間〜2時間半かけて突き進みます。
45頭の中から、各そりを担当する選りすぐりの4頭の発表に続き、操縦のレクチャーです。コツを掴んだところで、いざ出発。
村林さんのバギーを先頭に、即実践の場に移ります。

出発間もなく、辺り一面には白銀の世界が。

担当の犬たちにハーネスを装着します

村林さんのバギーを先頭に、いざ出陣!

ハイク (Go)、ウォー (Stop)の掛け声とともに

「その調子!」所々で犬とのスキンシップも

自分のそりを担ってくれる犬たちと、思う存分ふれあえるのもこのツアーの魅力。
そりの後は、ご飯をあげたり、犬小屋(家主の名前が書いてあり、誰がどこにいるか分かります)に藁を敷き詰めてあげたり、担当犬のお世話です。またいい走りを見せてねと、その日の労いと共に、翌日へのエールも送りましょう。
彼らの食事は基本、一日一食、そり引きという仕事の後。空腹だからこそ、走る力が湧くのだとか。

そしてこの食事準備も、私たちの重要な役割のひとつ。トンカチや、のみを使って、カチカチに凍った鹿肉の塊を解体、片手にはみ出るくらいの大きさにしていきます。
この辺りまでくると、早く!と言わんばかりに犬たちの大合唱がピークに。まずは自分の担当犬から、そして周囲にも順番にあげていきます。

食事が始まると一気に静寂が。中には食いしん坊もいて、食後まだもらっていないふりをしたり、こっそり(?)小屋の裏に隠したりする一頭もいました。

作業はなかなかハードなので、交替で

あれ、食べないの?「今日のはへそくりに…」

犬たちの食事が終わったら、さあお待ちかね、私たちの夕食です。
一足早くゲルに入り食事準備をしてくれているのは、シェフに早変わりした村林さん。地産の新鮮な食材がふんだんに使われたお料理は、お手製の器に盛られ、冷えた体に染みいる美味しさに溢れます。

夜は、事前に購入したお酒やおつまみも一緒に。その日の走りの感想を話し合ったり、アドバイスを聞いたりと、楽しい夜が更けていきます。

北海道の郷土料理“ゴッコ汁”と地ビールに舌鼓

やわらかでくさみゼロ、鹿肉の刺身は絶品!

村林さんのセンスが見てとれる、カレーランチ

朝ごはんは大体8時頃から

ツアー中は、天候など条件が揃えば、これまた村林さん自作の五右衛門風呂を体験することができます。
その準備として、薪割り、そして火起こしも私たちで。なかなか労力がいるだけに、赤々と燃え上がる炎を見られた暁には、喜びも一入です。

時間ができたらスキーシュー体験も、できるかもしれません。

一人用のテントが脱衣所代わり

力を合わせ、お風呂の準備中

苦闘の末…やっと割れた!

漆黒の中を、仲間たちと

ここまで2泊3日のツアーをぎゅっと凝縮して、お伝えしてきました。
紋別の大自然、村林さんとアウトライダーのスタッフの方々、そして雪原で逞しく生きる犬たち。
ここでしか味わえない魅力が一体となり、訪れる人々の心を掴みます。

犬が大好きという方、冬の北海道でひと味違うアウトドアを楽しみたい方、とにかく冒険をしたい!という方は是非、ウィンターサファリの扉を叩いてみてください。

人と、犬と。北海道の大地で、新たなる出逢いの旅が、皆さまをお待ちしています。

北海道・遠軽町/天狗平&白滝高原 12〜3月発
☆犬ぞり満喫ウインター・サファリ3日間

 ツアーの詳細はこちら→


こんなツアーもお好きかも

日本の旅

犬ぞり

お問い合わせ フォーム お問い合わせ フリーコール
メール登録

社長・宮田の Twitter
海外旅行保険Trip-i
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険

リンク
プライバシー・ポリシー
保険代理店勧誘方針
推奨販売方針
保険勧誘方針