お問い合わせ
WILD NAVI

WILD NAVIとはガイド&アドバイザー旅のレポートWILD NAVIニュースツアー一覧トップページへ

佐藤大史さんと秋のアラスカをキャンプ&ドライブ● 9/4発
マクラーレンリバー・キャンプ&デナリ/黄葉ドライブ7日間

USA アラスカ

Maclaren River & Denali State Park
USA ALASKA

旅の概要

アラスカに魅せられて、アラスカに通い、アラスカを撮り続けているネイチャー・カメラマンの佐藤大史さんが案内するアラスカの旅。このツアーは秋の黄葉に期待して、キャンプ泊を含めて、積極的にアラスカの大自然を感じたい方向けのコースです。

旅のはじまりはフェアバンクス。佐藤さんの出迎えで買い出しや装備をチェックしてから、リチャードソン・ハイウェイを南下。パクソン近郊のマクラーレンリバーへ。キャンプグラウンドでのキャンプ2泊で、氷河歩きやベリー摘みなどをしながら、秋のアラスカを体感してください。キャンプ初心者も歓迎ですが、ウエア準備は各自にてお願いします。

マクラーレンリバーを後にして、ワイルドなデナリ・ハイウェイのドライブでデナリ公園口へ。野性味あふれるデナリ・ハイウェイは、アラスカならではのドライブコース。天気が良ければ、景観の良さは保証つきです。

旅の最後はアラスカ鉄道でアンカレッジへ。車窓に広がる雄大な景色を楽しみながら、鉄道のリズムに合わせてゆっくりとアラスカの旅を振り返るのはいかがでしょう。深まるアラスカの秋の大自然を積極的に味わいたい方に、ワイルドナビが提案する7日間プランです。

ツアー条件

ご旅行代金
2020年9/4(金)〜9/10(木)●¥429,000
(以下の費用が別途、事前のお支払いとなります)
  • 羽田空港利用料 ¥2,610
  • 国際観光旅客税 ¥1,000
  • 各国諸税 ¥7,900(概算)
  • 燃油サーチャージなど ¥21,000(3/1現在・目安)

最少催行人員

3名様/定員6名前後

ご出発地

東京(羽田空港)
 *その他の出発地ご希望の方はお問い合わせ下さい

食事条件

朝2回、昼2回、夕2回

ご利用予定航空会社

デルタ航空、アラスカ航空など

ご利用予定ホテル

ゲストハウス・イン、ラマダ・インなど(アンカレッジ)
マッキンリービューロッジなど(デナリ州立公園)
*マクラーレンリバーではキャンプ(テント)泊

エスコート・ガイド

現地にて佐藤大史さんが合流/デナリまで同行

1人部屋利用追加料金

お問い合わせください

写真

デナリ遠望● © Daishi SATO

秋のマクラーレンリバー● © Daishi SATO

ドレープシープ ● © Daishi SATO

マクラーレン氷河● © Daishi SATO

アラスカの秋● © Daishi SATO

日程表

9/4(金)

羽田 シアトルなど フェアバンクス

夕刻:羽田空港発
航空機にてシアトルなどを経由してアラスカのフェアバンクスへ

着後、同行エスコートの佐藤さんが出迎え
買い出しなどの後、ホテルへ

市内のホテル泊
(食事:- - -)

9/5(土)

フェアバンクス マクラーレンリバー

朝:佐藤さんと共に車で出発
秋のアラスカのドライブを楽しみながら、リチャードソン・ハイウェイを南下

マクラーレンリバー到着後、全員で協力しながらキャンプ準備
周囲の散策を楽しみましょう

キャンプ泊
(食事:- - 夕食)

9/6(日)

マクラーレンリバー /

天候や体調に応じてマクラーレン氷河を訪ねたり、ハイキングに出かけましょう
アラスカらしく、ベリー摘みにも期待したいと思います

秋のこの時期は、夜のオーロラの出現にも期待しましょう
キャンプ泊
(食事:朝食 昼食 夕食)

9/7(月)

マクラーレンリバー デナリ国立公園 /

朝:キャンプ撤収
午前:車で出発。デナリ国立公園を目指します
野性味あふれるデナリハイウェイのドライブでは、天気が良ければダイナミックな展望が楽します

途中、天候など状況に応じて軽いハイキングなど楽しみながら
夕刻までに、デナリ公園入口周辺のホテルにチェックイン

ロッジ泊
(食事:朝食 昼食 -)

9/8(火)

デナリ公園駅 アンカレッジ

朝:ロッジの周辺の散策など、出発まで各自にてフリータイム
 *佐藤さんとは朝、ロッジでお別れです

午前:ロッジのシャトルでデナリ公園駅へ
昼:雄大な車窓風景を楽しみながら、アラスカ鉄道にてアンカレッジへ
着後、送迎車でホテルへ

市内のホテル泊
(食事:- - -)

9/9(水)

アンカレッジ シアトル

早朝:ホテルのシャトルバスなどで各自にて空港へ

朝:航空機にてシアトルへ
着後、航空機を乗継ぎ、一路、帰国の途へ

機中泊
(食事:- - -)

9/10(木)

羽田

午後:羽田空港到着

(食事:- - -)

マクラーレン氷河● © Daishi SATO

アラスカの秋● © Daishi SATO

その他の情報

佐藤さんよりこの旅についてひとこと

アラスカの魅力を話すとキリがないですが、一言でいうと「楽しみ方に終わりがないこと」だと思います。そして、一般の方でも好奇心があれば「観光」よりもより深くアラスカを味わえるよう、ワイルドナビと一緒にこの旅を考えました。僕と一緒に、圧倒されるような「非日常」をアラスカで体感してみませんか?もちろん、安全に

この旅でキャンプするマクラーレンは、ガイドブックにも出ていないような場所ですが、それもそのはず。氷河のある谷の「誰もいない原野」に、ポツンと大型のテントがあるイメージです。食料を持ち込んで、アラスカの原野での2泊のキャンプ。天気に合わせて、氷河まで歩いたり、オーロラを見たり。静かなのにパワフルな ”アラスカ” を感じられる時間を過ごしましょう


佐藤 大史さん / Daishi SATO

1985年生まれ。東京都町田市出身/長野県安曇野市在住。日本大学芸術学部写真学科卒業後、写真家・白川義員氏の助手を勤める。2013年に独立後、悠久の時の流れを伝えるため、手つかずの大自然に挑んでいます。中でもアラスカには毎シーズン通い、長期キャンプをしながら大自然のエネルギーを感じる写真を撮り続けています。
・2018三好和義賞受賞
・オリンパス ズイコークラブ講師

HP はこちら 写真家・佐藤 大史

ウェブ連載はこちら 写真家・佐藤大史のアラスカ紀行

お問い合わせ
お問い合わせ フリーコール お問い合わせ フォーム

    必要な旅券(パスポート)と残存期間

      入国時90日以上の残存がある政府発行のIC旅券、または顔写真がデジタル写真の機械読み取り式旅券

    ESTAの申請

    • 2009年1月12日より、アメリカへの入国(乗り継ぎ)に際して事前に ESTA(電子渡航認証システム)への登録が必要になりました。そのため、この旅行に参加いただく場合は、遅くとも旅行開始の72時間前までに、米国のESTA(電子渡航認証システム)に従い認証を受けて渡航認証番号を取得してください。

      1)ESTAの認証は、お客様ご自身で以下のホームページから申請してください。

      ESTA の申請サイトはこちらまで

      * 日本語サイトは右上のプルダウンメニューにて選択可

      2)ESTAの認証手続は、弊社にて申請の代行をすることができます。
        その際はESTA申請料 $14(日本円換算)、手続代行手数料@¥2,200、
        および必要な個人データをいただく必要があります。
        ご希望のお客様は担当者までお問い合わせください。

      なお、渡航認証を受けていないとアメリカへの入国はできません(国際線に搭乗できません)。また、認証を拒否された方は米国大使館等から査証(ビザ)を取得する必要があります。

      その他、詳細は担当者までお問い合わせください
  • エスコート・ガイドは一般的なツアーの添乗員とは異なり、自然の中での様々なフィールドを安全にご案内する現地ガイド的な役割ですので、ご参加の皆様にも、できる限り自分の旅として航空機の搭乗やホテルのチェックイン、食事の準備などの際に協力して行っていただけるようお願いいたします

  • このツアーでは、テントやマット、調理道具などのキャンプ道具一式は共同装備として現地で準備しておりますが、寝袋は各自でご持参ください。寝袋のレンタルは有料となりますが可能です。ただし数に限りがあるため、お早めに担当者までご相談ください。

    キャンプ2泊を含む行程ですので、濡れると乾かない綿製品は避けて、アウトドア・ウエアをご持参ください。防寒具やしっかりした雨具(上下)は必須です。詳細は、担当者までお気軽にご確認ください。

  • ツアー終了後の延泊や、早めのご出発などもできる限りご希望に添う形で手配いたしますので、お気軽にご相談ください。

  • このツアーについてのご質問、およびお申込書、ご旅行約款、日程表、持ち物リストなどツアーの詳細については担当者までお気軽にご連絡ください。資料などお送りいたします。

お問い合わせ フォーム お問い合わせ フリーコール
メール登録

海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
AIG損保のサイトへジャンプします
海外旅行保険Trip-i

リンク
プライバシー・ポリシー
保険代理店勧誘方針
推奨販売方針
保険勧誘方針