お問い合わせ
WILD NAVI

WILD NAVIとはガイド&アドバイアザー旅のレポートWILD NAVIニュースツアー一覧トップページへ

キューバ● 7/23発【終了】
カーニバル評論家の白根全さんがご案内
 キューバのカーニバルと音楽の旅9日間

キューバ

Carnival in CUBA

旅の概要

カーニバル評論家・白根全氏がご案内するキューバのカーニバル旅。キューバ第2の都市、サンチャゴ・デ・クーバは革命の故郷であると同時に、毎年キューバ最大のカーニバルが開催される街でもあります。キューバのカーニバルはコンガというリズムが特徴で、アフリカ起源のドラムに、中国からの移民の人たちが持ち込んだチャルメラの音色が混じり合う絶妙のテイスト。今回は専用車で陸路を移動しますので、キューバの田舎の空気にも触れてみてください。また、カーニバル以外にもライブハウスを訪ねて、キューバの音楽にもひたっていただきます。この機会に、情熱的なラテンと社会主義がミックスされた不思議な国を、白根さんと一緒に旅してください。

ツアー条件

ご旅行代金
2014年7/23(水)〜7/31(木)●¥498,000

(以下の費用が別途、事前のお支払いとなります)
  • 羽田・成田空港利用料◇@¥2,610〜¥2,670
  • 各国諸税◇@¥1,000(概算) *出国税は現地払いです
  • ビザ取得費用◇@¥6,500(ツーリストカード)
  • 燃油サーチャージなど◇@¥50,000(4/1〜・目安)

最少催行人員

4名様

ご出発地

東京(成田、または羽田空港)
 ※その他の出発地ご希望の方はお問い合わせ下さい

食事条件

朝7回、昼5回、夕4回

ご利用予定航空会社

エアーカナダなど

ご利用予定ホテル

テレグラフォなど(ハバナ)
ラス・クエバスなど(トリニダ)
メリア・サンチャゴなど(サンチャゴ・デ・クーバ)

エスコート・ガイド

同行しません/現地にて白根全さんがご案内いたします

1人部屋利用追加料金

お問い合わせください

日程表

DAY 1

成田または羽田 トロント ハバナ

午後:成田、または羽田空港発
航空機にてトロントへ
航空機を乗り継ぎハバナへ

着後、出迎えガイドさんと共に市内へ

ホテル泊
(食事:- - -)

DAY 2

ハバナ

終日:市内、および郊外観光

市内のホテル泊
(食事:朝食 昼食 -)

DAY 3

ハバナ サンチャゴ・デ・クーバ

国内線でキューバ第2の都市、植民地時代の面影が残る古都サンチャゴ・デ・クーバへ。

すでにカーニバルは始まっています。
夜は、ライブハウスなどを訪ねてみましょう。

市内のホテル泊
(食事:朝食 昼食 夕食)

DAY 4

サンチャゴ・デ・クーバ

今日はキューバ革命記念日

終日:サンチャゴ・デ・クーバ滞在。カーニバルをお楽しみください
今日の夜もライブハウスなどを訪ねてみましょう

市内のホテル泊
(食事:朝食 昼食 夕食)

DAY 5

サンチャゴ・デ・クーバ トリニダ

朝食後、専用車でキューバの横断に出発。
今日は、古い街並みが残る世界遺産の町トリニダへ。

市内のホテル泊
(食事:朝食 昼食 夕食)

DAY 6

トリニダ サンタクララ ハバナ

朝食後、今日も専用車で陸路、西へ進みます

サンタクララでの観光をはさんで、夕刻までに専用車でハバナへ

市内のホテル泊
(食事:朝食 昼食 夕食)

DAY 7

ハバナ

終日:フリータイム
 * バラデロへのオプションなど手配可能です

市内のホテル泊
(食事:朝食 - -)

DAY 8

ハバナ トロント

朝:送迎車にて空港へ
朝:航空機にてトロントへ

航空機を乗継ぎ一路、帰国の途へ
機中泊
(食事:- - -)

DAY 9

成田または羽田

午後:成田または羽田空港到着
(食事:- - -)

白根さんからこの旅について一言●

「絶対音感」があるのだから、「絶対リズム感」なるものが存在しても不思議ではない。キューバ最大の祝祭都市サンチャゴのカーニバルを一度でも体験すると、それは確信に変わるだろう。

音の隙間に打ち込まれるリズムの弾み加減、車の鉄製ホイールからフライパンまで動員して叩きだされるリズムは、とてもひ弱なアジア系にはついていけない禁断の世界だ。とくに歩き出す前から踊っているという子供たちの、足腰の切れのすごいこと! 街中に充満した祝祭の微粒子と灼熱のリズムを吸い込むと、いつの間にか誰しもが絶対リズム感の彼方へと飛翔していること、請け合いである。こればかりは、やはり現場に立ってみないと味わえない、極上のひとときを存分に楽しめるだろう。

キューバのカーニバル●

「革命とカーニバルの故郷」とも呼ばれるキューバ第2の都市サンチャゴ・デ・クーバでは、街の守護聖人の祝日に因んで、毎年7月後半にキューバ最強の祝祭が催されてきた。

1953年7月26日、若き弁護士フィデル・カストロ率いる165名の反乱部隊は、祭りの混乱に乗じてこの街のモンカダ兵舎を襲撃。これがキューバ革命の原点となった武装蜂起事件で、やはりカーニバル抜きにはキューバは語れない。

ふと気がつけば踊っているのは全員が国家公務員、というふしぎな国営の祝祭だが、その中には隣国の旧フランス領サン・ドマング(現ハイチ共和国)から伝えられたフレンチ・テイストに、中華味やアフリカン・スパイスを振りかけた濃厚な味付けが漂っている。街の通りで出会いがしらに勃発する「インバシオン」というリズム合戦や、ユネスコの世界無形文化遺産に選定された「トゥンバ・フランセサ」という伝統舞踏など、他のどことも違う独特の熱帯祝祭文化が息づいているのだ。

白根 全さん / Zen SHIRANE

東京都生まれ。「第二の故郷ラテン・アメリカから、禁断の大地アフリカを眺める謎のアジア人」。日本で唯一、世界中でも2人しかいないカーニバル評論家。1980年から始めたラテン通いも既に30年余、主なカーニバルはすべて制覇。これまでに訪れた国は6大陸140カ国を超え、ペルー訪問&潜伏も40回以上。人類400万年の旅『グレートジャーニー』の先乗りをしてコーディネートしていたのは実はこの人。最近の著書では、カーニバル本「カーニバルの誘惑」(毎日新聞社)がお勧めです。

ちなみに自身も世界で初めてサハラ砂漠を50ccの原付きバイクで縦断するというギネス・レコードを持つ冒険家にして旅人でもある。某国にある南の島を所有しているという噂あり。

お問い合わせ

    必要な旅券(パスポート)と残存期間

    • 入国時3ヶ月以上の残存がある旅券

    ビザ(査証)の取得

    • キューバ入国にはツーリストカードの事前取得が必要です(現地取得はできません)。
      弊社では実費/代行手数料込み@¥6,500にて取得代行をしております。

    海外旅行保険

    • 2010年5月1日より、キューバ政府は、キューバに入国するすべての外国人に対し、キューバ滞在中の医療費を補償する旅行保険への加入を義務付けることを決定しました。
      入国に必要な補償の保険についてはご案内書をお送りいたしますので必ずご加入ください。
  • このツアーについてのご質問、およびお申込書、ご旅行約款、日程表、持ち物リストなどツアーの詳細については直接弊社までご連絡ください。資料などお送りいたします。