お問い合わせ
WILD NAVI

WILD NAVIとはガイド&アドバイザー旅のレポートWILD NAVIニュースツアー一覧トップページへ

ヨーロッパ・アルプス● 7〜8月発【終了】
憧れのマッターホルン(4,478m)登頂11日間

ヨーロッパ・アルプス/スイス

Matterhorn, SWITZERLAND

旅の概要

スイス・アルプス、ツェルマットの谷の奥にそびえる美しい三角錐の名峰マッターホルンの登頂プラン。この山の登頂は、岩に慣れていることと基礎体力、そして高度感の克服がポイントです。

ワイルドナビでは個人手配型のフリープランでシーズン中のお好きな時に、お好きな日程にてマッターホルンの登頂プランをアレンジしております。現地登山ガイドさんとの登山が基本ですが、時期により日本人山岳ガイドの手配も可能です。ただし、日本人ガイドさんの数は少ないので、ご希望の方は早い段階からお問い合わせ下さい。

次のシーズンを見据えて、前年から翌年の計画を立てる形がお勧めです。

ツアー条件

シーズン 2013年 7月〜8月のご出発

 ご要望の出発日に合わせてお見積りします。ご相談ください

最少催行人員

1名様

ご出発地

東京(成田または羽田空港) ※その他の都市発着も可能

食事条件

ご希望に合わせて手配

ご利用予定航空会社

ご希望に合わせて手配(エミレーツ航空利用・推奨)

ご利用予定ホテル

ご希望に合わせて手配

添乗員

同行いたしません
現地にて山岳ガイドさんがケアーいたします

写真

ヘルンリ稜

ヘルンリ小屋

日程表

(モデルプラン● エミレーツ航空利用)

DAY 1

成田 または 羽田

夜:成田、または羽田空港ご出発
経由地のドバイへ

機中泊
(食事:- - -)

DAY 2

ドバイ ジュネーブ ザースフェー

未明:ドバイ到着
着後、航空機を乗り継ぎジュネーブへ

着後、鉄道とバスを乗り継ぎツェルマットの隣の谷のザースフェーへ

ホテル泊
(食事:- - -)

DAY 3
DAY 4
DAY 5

ザースフェー周辺 /

この間の予定 ●
・天候が良ければ山小屋利用2泊3日でトレーニング
・イェギホルン(3,206m)でのクライミング・トレーニング
・ワイスミース(4,023m)での高度順応トレーニング

山小屋泊
(食事:2朝食 - 2夕食)

DAY 6

ザースフェー ツェルマット

朝食後、バスと列車でツェルマットへ
レスト(休養日)

ホテル泊
(食事:朝食 - -)

DAY 7

ツェルマット シュバルツゼー ヘルンリ小屋

午前:フリータイム
午後:ロープウェイを乗り継ぎ、シュバルツゼーへ
ゆっくりと登山道を登り、夕刻までにヘルンリ小屋へ

山小屋泊
(食事:朝食 - 夕食)

DAY 8

ヘルンリ小屋 マッターホルン シュバルツゼー ツェルマット

未明:ガイドとザイルをつないで出発
ヘッドランプの明かりをたよりにヘルンリ稜を登りマッターホルンの山頂を目指します

登山終了後、下山
シュバルツゼーからはロープウェイでツェルマットへ

ホテル泊
(食事:朝食 - -)

DAY 9

ツェルマット滞在

* 天候予備日

ホテル泊
(食事:朝食 - -)

DAY 10

ツェルマット ジュネーブ ドバイ

朝:列車を乗り継ぎジュネーブ空港へ

午後:航空機にて経由地のドバイへ
航空機を乗り継ぎ、一路、帰国の途へ

機中泊
(食事:朝食 - -)

DAY 11

成田

夕刻:成田空港到着
(食事:- - -)

その他の情報

マッターホルンのガイド手配の基本(2013年)

● 登山ガイド1:1(マッターホルン)
● エミレーツ航空利用
● 2〜3ツ星ホテル、および山小屋利用


ご旅行代金お見積もりいたします

------------------------------------------

成田空港使用料¥2,540
出国税等諸税¥2,000
燃油サーチャージ¥41,000
山岳保険料¥19,880(治療・救援 未制限 / 11日間)

  • マッターホルンの場合、様々な条件によりご旅行代金が大きく変わるため、まずは担当までご連絡ください。ご希望を伺いながらお見積もりいたします。

  • マッターホルン登頂のタクティクス by ワイルドナビ

    マッターホルン登頂の鍵はなんと行ってもスピードです。マッターホルンの標高は4,478m。スピードを上げるためには、十分な高度順応をしなくてはなりません。

    モデルプランの日程は、登頂の前にツェルマットではなく隣の谷の静かなザースフェーに滞在。2泊3日で約2,800 mの2つの山小屋に泊まり、2座の 4,000 m 峰を登りながら順応トレーニングを行います。

    トレーニングコースにはマッターホルンを想定した岩稜のコースも含めて、高所トレーニングとクライミングのトレーニングを組み合わせた効率の良いトレーニングプランとしています。

    お問い合わせ
    お問い合わせ フリーコール お問い合わせ フォーム
    • このツアーにご参加の際は、弊社指定の山岳保険(東京海上日動)へのご加入を義務づけております

    • このツアーについてのご質問、およびお申込書、ご旅行約款、日程表、装備リストなどなどツアーの詳細については弊社、担当者までお気軽にご連絡ください。資料などお送りいたします。

    必要な旅券(パスポート)と残存期間

    • スイス出国時まで有効なパスポート

    ビザ(査証)の取得

    • このご旅行ではビザは不要です。
    お問い合わせ フォーム お問い合わせ フリーコール
    メール登録

    社長・宮田の Twitter
    海外旅行保険Trip-i
    海外旅行傷害保険
    国内旅行傷害保険

    リンク
    プライバシー・ポリシー
    保険代理店勧誘方針
    推奨販売方針
    保険勧誘方針